言ってませんか?勉強に逆効果のNGワード

子どもが勉強嫌いで、宿題もやってる気配が見えないと、ついつい言っちゃうこの言葉。

「勉強しなさい!」
「宿題はしたの?」

言いますよね?
言わない、という方も中にはいらっしゃるでしょうが、「言わずにはいられない」という方も多いのではないでしょうか。
もちろん私も、言っちゃう派です。

でも、子どもの勉強サポート関連の本などを読むとかなりの高確率で書いてあります。
「勉強しなさい」は言ってはいけない、と。

「勉強しなさい」は言ってはいけない

「ゲームしてないで、早く勉強しなさい」

宿題出てるのに一向に手をつけようともしない姿を見ると、どうしても言いたくなります。

「宿題を終わらせないとゲームをしてはいけない」という約束を守って、ゲームこそしていないけれど、ダラダラしてたり、ゴロゴロしてたり、マンガ読んでたりと・・・

どうせやらなきゃいけないんだから、早く終わらせなさいよー!
とイライラしてしまいます。
「宿題やりなさい」ってつい口をついて出てしまいます。

なのに、なぜ子どもに「勉強しなさい」を言ってはいけないのでしょうか。

「勉強しなさい」=強制

なぜ「勉強しなさい」と言ってはいけないのか?
答は、人間は強制されることを嫌うから。
強制されたと感じると、かえって勉強したくなくなってしまうのです。

「仕方なく勉強を始める」子と、「いまやろうと思ってたのに、言われたからやる気がなくなった!」といって(←あるある、ですよね)結局勉強しない子もいます。

ただでさえ「勉強したくないなあ」と思っているところに「やりなさい!」と強制されると、イヤな思いが倍増し、勉強に対してマイナスの感情をもつ→ますますイヤになる、という悪循環に陥ることになります。

言われてしぶしぶ勉強する子はいますが、強制されて「よし、やる気でた!」と喜んで勉強する子はいません。

言われても勉強しない子は勉強しませんし、勉強する子もやりたくてやる勉強ではないため学習効果は半減。

勉強してもしなくても、強制された感覚、勉強はイヤなものという認識だけが強まります。

というわけで
「勉強しなさいと言っても、どうせすすんで勉強はしません。
マイナスイメージを持たせるだけムダ。逆効果」
なのです。

あーなるほど。
強制されるのは、大人だってイヤですもんね。

・・・。
・・・。
・・・。

いや待って!
そんなこと言っても、「勉強しなさい」って言わなかったら、
うちのお子様方はそのままいつまでも勉強しませんけど!?

「勉強しなさい」さえ言わなければいいワケでもない

親が何も言わなくても自主的に勉強してくれれば、それにこしたことはありません。

私自身は親に勉強しなさいと言われた記憶は一切ありませんが、「普通」に勉強はしていた方だと思います。

「勉強しなさい」と言わなくてもそれだけじゃダメ

私もやっぱり強制されるのは嫌なので、「うちの親は勉強しろって言わないでくれて、ありがたいなあ」とは実際思っていました。

その経験を踏まえて、子ども達にも勉強しろと言わなくたって「勝手に勉強するようになる」のだろうとなまぬる~く考えていたため、小学生の頃には勉強しなさいなんて言ったことは多分ありません。

「遊ぶ前に宿題終わらせてね!」程度のことは言いましたが、そもそも宿題が、ビックリするほど出ない小学校だったので言う機会もごくわずか。

小学生のうちは遊べばいいやと思って見守り、勉強しなさいと言わずに来ましたが・・・。
ほんとに勉強しませんね、うちの子たちは。

そして、子どもが中学校高校になって
「勉強しなさい」と注意する羽目になり、
「勉強しなさい」さえ言わなきゃOKというワケではないのか・・・と
遅まきながら痛感することになるのでした。

すすんで勉強する子にするには

勉強しなさいと言わないようにすると同時に、幼少期から勉強に興味をもつように、うまく働きかける必要があったんです。

子どもがすすんで勉強するようなご家庭では、特別なことは何もしていないと思っていても、「勉強って楽しい」「面白い」と子どもが思うような環境や声かけなどがあったはずです。

この辺りは自分ではうまく実戦できませんでしたが、「こうすれば良かったんだ!」的な話は、ちゃんと勉強して、いずれ書きたいと思います。

子どもが自分から勉強しないときの声かけ

「勉強しなさい」を言わないのが理想とはいえ、
「今日出た宿題」「来週のテスト」があるのに「子どものやる気が出るのを待つ」のは、少なくとも今の我が家では現実的ではありません。
残念ながら。

「勉強しなさい」「宿題やりなさい」を言わないと支障が出るため、
(試しに言わないで様子をみていたら、ほんとにやらないままその日が終わりました・・・)
せめて強制されてる感を減らしたいと思ってこう声かけしてます。

「今日の勉強、何時から始める?」

「何時から始めるか」は子どもに決めさせる

勉強(宿題)をすることのは決定事項として扱います。
「やる」か「やらない」かは選べない前提です。

本人たちも、本当は勉強(宿題)しなきゃと思ってはいるんです(のはず)。
でも、やりたくなくてついダラダラしたり・・・
私だって食器洗いしたくなくてダラダラテレビ見てたりするので、その気持ちはよーくわかる。
そして、私だってやりたくなくても頑張って終わらせてるよ。

言われるのイヤだろうなとは思いつつも、
「何時からやる?」
と聞きます。

自分で決めてもらうことで

「自分で決めて宣言したから、〇時になったらやるしかないか~」

という気になるようです。

今自分がしていることや気分に合わせて決められるおかげか、今すぐやれと言わんばかりの「勉強しなさい」よりも穏やかに聞いてくれるようになったと感じています。

まとめ:勉強しなさいはNGワード

本日のまとめ。

「勉強しなさい」は逆効果のNGワード。
(でも「勉強しなさい」さえ言わなきゃOKでもない)

「何時から勉強始める?」
 開始時間を自分で決めると、強制感が少なく感じるので反発心がやわらぐ

「何時から?」は、言い方をマイルドにしただけのことで、結局「勉強しなさい」と言っていることは自覚してます。

「勉強ができる=基礎的な知識がある、学び方を知っている」のは、これからどんな道に進んでも必ず役に立つことだと思っています。
少しでも子どもが「勉強は楽しい」と感じられるようになるように、家で親としてできることを模索していくつもりです。